関西を中心としたクラシックコンサート報告サイト「大音楽惑星」
Home Concert Report コンサートのススメ CD Review リンク集 kotarinette
 大音楽惑星 ホーム > コンサート報告 > 2005年 > 東京フィルハーモニー交響楽団 第708回定期演奏会
クラシック・コンサート報告 コンサート報告
■年度別

■コンサートランキング
MANAITA.com
コンサート名・公演名

2005年6月24日 東京フィルハーモニー交響楽団
第708回定期演奏会(サントリーホール)

演奏曲目および評価

ラヴェル  バレエ音楽「マ・メール・ロワ」全曲
ラヴェル  バレエ音楽「ダフニスとクロエ」全曲


演奏者(指揮者・ソリスト)

合唱: 東京混声合唱団
指揮: 岩城 宏之

感想・短評

またもやって来ましたサントリーホール。東京に行ったついでにコンサートに行くことが定常化してしまっているような感じがするが(苦)。今回の東京フィルは、念願の「ダフニスとクロエ」全曲が聴けるとあって外す訳には行かなかった。生で聞きたい曲の最後の砦とも言うべき曲なんです。

前半は「マ・メール・ロワ」。これはよく演奏される曲なので、東京フィルの実力に期待!って感じだったのだが、約1年前に京都で聴かせてくれたほどの威力は新日フィルに感じられなかった。特に金管(ホルン)がはっきり聞こえない上にミスが目立った。繊細な曲なので、調子がイマイチだったのかも知れないが、少し先走るところもあるなどギクシャクした演奏。上手いオケだと要求してしまうのも高くなるので酷かな? とは言っても、弦楽器の透明感が素晴らしく、ヴィオラのトップの上手さには正直ビックリした。ヴィオラのトップとコンマスの二重奏なんかは絶品!

後半は何しろ規模がデカイ曲。おまけに歌詞もないのに合唱団まで必要だし、東京フィルで聴けることに感謝。合唱団はオケの右後方に配し、パーカッション群は左後方という布陣で、舞台が狭そうだ。後半に入っても金管の調子が不安定なため、強奏部分は胸の空くような爽快感はなかったが、第2部以降は徐々に全体のまとまりがよくなって面白くなってきた。第2部ではスローテンポでねっちりと歌ったかと思ったら、疾走するようなテンポに変化させたりと、岩城さんの指揮も面白かった。特にフルートのソロは素晴らしく、終始見せ場をしっかりと作ってくれた。合唱がもっと主張してもいいのではないかと思ったが、高揚感と迫力を堪能できただけでも満足のいく演奏会だった。

2005年コンサートカレンダーにもどる

Copyright